老眼は目の障害の一種です。

一般的に老眼(ろうがん)と呼ばれていますが、正式には老視(ろうし)と言います。

早い人では30代から、多くは40代に入ると加齢が原因で水晶体の弾性が弱くなって調節力が減少します。

これにより近距離のものに焦点を合わせることが困難になる症状を指します。

見えにくくなる症状は早い人では30代、普通の人でも40代に入ったあたりから自覚されるケースが多いですが、調節力の減少自体は20才前後から始まっています。

視力が良好な人が40代に入る前、30代のうちに老眼を自覚するケースも多くあります。

このサイトでは老眼鏡を選ぶ際に最も大切な度数について詳しく解説していきます。


カテゴリー

老眼鏡の度数 〜度数とは何か〜
「度数」の定義から解説します
老眼鏡の度数 〜度数選びの目安〜
度数は年齢である程度決まります
老眼鏡の度数 〜老眼の進行との関係〜
老眼鏡は買い換えが必要です
老眼鏡の度数 〜検眼〜
自覚式検眼とは?
老眼鏡の度数 〜かけると度が進む?〜
老眼鏡をかけないとどうなる?
老眼鏡の度数 〜老眼鏡の選び方〜
デザインや値段について
老眼鏡の度数 〜老眼鏡の使い方〜
老眼鏡は捨ててはいけない?
老眼鏡の度数 〜老眼鏡のオーダー〜
用途によって度数は変わります
老眼鏡の度数 〜自分で出来る簡単な測定法〜
1分で出来るセルフチェック法
老眼鏡の度数 〜Q&A〜
よくある質問集